/

自動暗号化ZIPファイル廃止 内閣府と内閣官房

デジタル相「不適切」

平井卓也デジタル改革相は24日の記者会見で、内閣府と内閣官房の職員がメールでファイルを送付する際に使う「自動暗号化ZIPファイル」を26日に廃止すると発表した。パスワードを記載したメールが同じ経路で届く仕様に関し「セキュリティー対策や利便性の観点からも適切ではない」と指摘した。

代替策は決まっていないと説明し「(パスワードを)電話で教える」などと例示した。民間企業の対応を参考にセキュリティー向上策を検討する。

政府がデジタル政策へのアイデアを募った際、ZIPファイルの廃止について多くの意見が寄せられ対応を決めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン