/

この記事は会員限定です

新生銀行、ESG配慮の劣後ローン 国内銀行で初

[有料会員限定]

新生銀行はESG(環境・社会・企業統治)に配慮する企業に対し、融資の一部を資本とみなす「劣後ローン」の提供を始める。総額200億円規模で、主に中小企業の利用を想定する。企業に二酸化炭素の排出量の削減目標などを定めてもらい、達成具合を随時確認する。劣後ローンは融資期間が長いため、持続可能性を高める取り組みとの相性が良いと判断した。

ESGの要素を取り入れた「サステナブルインパクト資本性ローン」の提供を始める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン