/

この記事は会員限定です

データ活用のマーケティング(9) 需要予測がもたらす効果

中央大学教授 生田目崇

[有料会員限定]

分析モデルはマーケティングのどんなところで活躍しているのでしょうか。小売店などの流通業者を例にすると、分析対象には商品と顧客があります。また、店舗そのものや従業員などもその管理の範囲に入るかもしれません。

商品管理の大きな課題の1つは需要予測です。需要を見誤れば在庫過剰になったり、逆に欠品による顧客の不満につながったりします。マーケティング・リサーチの回で触れたように、売れているものを把握するだけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン