/

この記事は会員限定です

法曹の世界もカイゼン必要 恩田俊明氏

弁護士・弁理士

[有料会員限定]

近年普及している、サービス名の末尾に「ペイ」のつくような決済手段にはカード型もあるが、クレジットなのかプリペイドなのか。従来の概念では区別できない新サービスが相次いで登場している。多くの企業は自社製品やサービスを通じ、社会の課題解決に取り組んでいる。いわゆる「カイゼン」だ。企業の知的財産を評価する際も、カイゼンの結果生まれたものであることを前提に考えなければならない。

係争中だが、8月に知財高裁で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン