/

この記事は会員限定です

「直方体じゃない」 アスクル、新形態ティッシュ開発

[有料会員限定]
日経クロストレンド

鼻をかむだけでなく、ぬれた手を拭いたり、ほこりを取ったりと、生活の必需品であるティッシュペーパー。近年は、紙の箱ではなくフィルム包装のタイプなども販売されているが、直方体の形状は長年ほぼ変わらない。コスト面をはじめとする理由から、これまでティッシュの形状に関する改良は、各社とも積極的ではなかった。しかし、「一律150~200組(300~400枚)のティッシュを詰めた直方体の形状が果たして今の生活にベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン