/

この記事は会員限定です

経済に中立だったトランプの4年

十字路

[有料会員限定]

米大統領選で民主党のバイデン候補の勝利が確実になり、トランプ政権は4年で幕を閉じそうだ。バイデン政権の今後を考える上でも、トランプ政権の実績を確認しておくことは必要だろう。

トランプ政権の主な経済政策は国内では法人税、所得税などの減税、国際的には対中国を中心にした保護主義政策だった。ただ政権の発足以降、新型コロナウイルスの感染拡大まで米国の経済成長率やインフレ率に大きな変動はなく、結果的にトランプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り542文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン