/

この記事は会員限定です

ファナック、近づく「年1000億円投資」の収穫期

証券部 柘植康文

[有料会員限定]

低下が続いていたファナックの売上高営業利益率が上向いてきた。2020年3月期までの5年間は年平均1000億円規模を設備投資に充て、償却負担が利益率を押し下げていたが、この間に進めた生産自動化で「ロボットがロボットを組み立てる」状況が拡大。需要回復が続けば本格的な収穫期を迎えそうだ。

「2020年10~12月期以降は7~9月期より受注が増えそうだ」。ファナックの山口賢治社長は10月29日の決算説明会でこう語っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1347文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン