/

この記事は会員限定です

UACJ、経常益180億円改善へ 23年3月期 海外で缶材増産

[有料会員限定]

アルミ圧延大手のUACJは2023年3月期に海外での飲料缶に使う板材の拡販などで連結経常損益を約180億円(今期は35億円の赤字見込み)改善させる。米国やタイで進める生産能力の増強で、110億円程度の増益効果を見込む。自動車向けアルミ部材の拠点の集約や、不採算事業からの撤退でコストも削減する。

米国では生産能力を22年3月期に現在の年約40万トンから1割引き上げ、タイでも23年3月期に6割高める。海外では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り347文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン