/

この記事は会員限定です

目隠しシールと法務省令 株主総会「いいね」への道

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

シンガポールの投資ファンドが郵送した東芝の議決権行使書が集計から漏れた問題は、株主総会の実務に絡む様々な課題をあぶり出した。なかでも書面投票のはがきに貼られた目隠しシールをはがす膨大な作業は、効率的な票の集計の障害になっており、法務省令を改正してでも解消した方が良さそうだ。新型コロナウイルス下で今後増えそうなオンライン(バーチャル)総会でも、議決権行使を巡って多種多様な問題が浮上する可能性がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2979文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン