/

東京五輪「サイバー攻撃に万全の対応を」 外務副大臣

サイバー・イニシアチブ東京2020

宇都隆史外務副大臣は24日、サイバーセキュリティーをテーマとする国際会議「サイバー・イニシアチブ東京2020」(日本経済新聞社、日経BP主催)にビデオメッセージを寄せた。

21年の東京五輪・パラリンピックはサイバー攻撃の標的となりやすいと指摘し「産官学で万全の体制を確立し、国家一丸の対応が重要だ」と強調した。

中国などを念頭に「国家がインターネット空間の管理や統制を重視する潮流が出ている」との懸念を示した。サイバー空間の活用を社会の発展につなげるには「ルールに基づく国際秩序が不可欠だ。無法地帯や弱肉強食の場であってはならない」と主張した。

菅政権は日本のデジタル化の促進を掲げていると言及したうえで「自由で公正で安全な空間の実現へ積極的なサイバー外交を継続する」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン