/

この記事は会員限定です

白井屋ホテル設計 藤本壮介氏「魅力発見の入り口に」

[有料会員限定]

前橋市の老舗旅館を再生した白井屋ホテルが12月12日に開業する。全体を設計した建築家の藤本壮介氏は、中心街を活性化させるという目的通り、同市の魅力を増幅させるホテルができあがったと指摘。「旅行者が前橋の魅力を発見する最初の入り口のような存在になってほしい」と話す。

――ホテル建設を主導したジンズホールディングスの田中仁社長から約6年前に依頼され、なぜ引き受けたのでしょうか。

「以前から知り合いだっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン