/

この記事は会員限定です

コロナ税制、都税調の進取

点照

[有料会員限定]

税制論議の季節を迎えた。自民党税制調査会は脱炭素や新型コロナウイルス対策が軸だが、コロナ後の世界を支える骨太の議論はあまり聞かれない。折しも自治体で唯一の税調とされる東京都税制調査会が包括的なコロナ税制の指針といえる答申をまとめた。

コロナ禍はデジタル化のように時代の潮流にもかかわらず滞っている事象を前に動かす。税制では給付付き税額控除がその一つだろう。所得の高い人に税額控除をしつつ、低所得で控除...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り768文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン