/

この記事は会員限定です

GM、環境規制の訴訟から離脱 トヨタも対応検討

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・モーターズ(GM)は23日、米トランプ政権とカリフォルニア州などが係争中の環境規制を巡る訴訟から離脱すると明らかにした。トランプ政権による規制緩和を支持してきたが、大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領の環境保護を重視する政策と歩調を合わせる。GMと連携してきたトヨタ自動車も対応を検討する。

GMは同日、米環境団体などに宛てたメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン