/

日産「ノート」、HV専用に 電動化に経営資源集中

日産自動車が電動化に一段と踏み切る。24日、同社として国内で最も売れる小型車「ノート」の新モデルを発表。今後はハイブリッド車(HV)タイプ専用とし、通常のガソリン車は設けないことを表明した。量産効果で製造コストをガソリン車並みに引き下げて、HVの収益力を高めることを目指す。世界で環境規制が厳しくなるなか、対応を急ぐ。

「日産はゼロエミッション社会をリードするため、電動化に(経営資源を)集中させる。その象徴がノートだ」。同日、オンラインで開いた発表会で星野朝子副社長はこう述べた。

来月23日に発売

ノートは主に国内で販売しており、19年度の販売は10万台強に上る。日産の国内販売の約2割を占め、軽自動車を除くと最も人気の車種だ。新モデルは税込み価格が202万9500円からで、12月23日に発売する。

全面改良は8年ぶり。仏ルノーと共同開発したプラットホーム(車台)を新たに採用し、走行性能を向上させた。ナビゲーションシステムと連動し、カーブなどに合わせて速度を自動調整する運転支援技術も初めて採用した。燃費は現行のガソリン車に比べて6割ほど良い。

最大の変化は、ノートをHV専用にすることだ。ガソリンエンジンだけで動く通常のガソリン車も設けている現モデルに比べ、最低価格は60万円ほど高くなる。それでも踏み切るのは、日産が独自のHV技術「eパワー」に自信を持っているためだ。

eパワーは同社の電気自動車(EV)「リーフ」の技術を転用して開発した。トヨタ自動車ホンダのHVシステムはエンジンとモーターを切り替えながら走るが、eパワーではエンジンは発電の役割に徹し、モーターのみで走行する。よりEVに近い加速や静音性を体感できるのが特長だ。

ノートを16年にモデルチェンジした際にeパワー搭載のHVを発売したが、これが人気を呼び、ノートの販売好調につながった。現モデルでHVの比率はすでに7割に達する。「世界的な電動化の流れを考えれば、新型は思い切ってHVのみで展開しても大きな影響はない」(日産幹部)と判断したようだ。

新モデルではeパワーを「第2世代」へと刷新。モーターやインバーターなどの基幹部品を設計し直した。この結果、加速性能が高まったほか、部品の小型化も進めて製造原価も抑えた。

電動車率6割へ

日産の国内HV比率(19年度)は3割程度にとどまっており、トヨタ(約4割)に先行されている。23年度に国内でEVを含めた電動車比率を6割まで高める方針を掲げており、今回の新型ノートは巻き返しに向けた切り札となる。

日産はノートを皮切りに、単純なガソリン車からの脱却を世界でも加速する。中国で今後発売する新型車についてはEV以外は原則、eパワー搭載のHVタイプを設定していく。こうした取り組みを進め、電動車の世界販売を19年度の年間約20万台から23年度には同100万台以上に増やす。25年には製造コストを引き下げて、HVでも収益力をガソリン車並みに高める。

日産は元会長のカルロス・ゴーン被告による拡大路線で経営が悪化。新型車開発の投資を抑えたほか、値引きによる規模拡大でブランド力の低下も招いた。足元では新型コロナウイルスの打撃も加わり、21年3月期の連結最終損益は6150億円の赤字を見込む。

今年5月に公表した中期経営計画では「販売の質」に重点を置いた経営に転換すると表明した。電動化の加速でイメージ刷新にもつなげたい考えだ。

環境対応、EV移行カギ



 世界的な環境規制の厳格化で「脱ガソリン車」へのシフトは加速している。中国政府は2035年をめどに、すべての新車販売を環境対応車にする方向で検討している。50%は電気自動車(EV)を柱とする新エネルギー車とし、残りの50%はHVにする方針だ。
 英調査会社のLMCオートモーティブによると、世界の新車市場におけるHVの割合は20年の7%から30年には26%に上昇する見込み。単純なガソリン車からの需要シフトが進み、HVに強みを持つ日本勢には追い風となる見通しだ。
 もっとも長期的には、より温暖化ガスの排出量が少ないEVへの移行が進みそうだ。英政府は17日、ガソリン車の新車販売を30年までに前倒しで禁止するほか、HVも排出ゼロの規制をクリアしたもの以外は35年までに販売を禁止すると発表した。独フォルクスワーゲン(VW)など世界の自動車大手は急速にEV対応にかじを切っている。
 HVの基幹技術や部品はEVと共通している面も多い。HVで磨いたノウハウを活用して世界的な潮流に対応することが、日本勢には喫緊の課題となる。(押切智義)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン