/

この記事は会員限定です

次は火星衛星の砂 JAXA、100倍の要求に挑戦

宇宙大航海に挑む(2)

(更新) [有料会員限定]

世界で初めて小惑星のかけらを地球に持ち帰った初代「はやぶさ」。小惑星への着陸に2回成功し、まもなく地球に帰還する「はやぶさ2」。探査機が天体から物質を持ち帰る「サンプルリターン」が日本のお家芸と呼べる技術に育つなか、第3弾のプロジェクトも本格的に動き始めた。次なる目的地は火星の衛星フォボス。火星衛星探査計画「MMX」で砂や石を採取する装置の開発を担うのが宇宙航空研究開発機構(JAXA)の主任研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2421文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

宇宙大航海に挑む

宇宙が日本の技術によって身近な存在になりつつある。小惑星探査機「はやぶさ2」がまもなく地球に戻ってくるほか、安価で高品質のロケットの開発も進む。宇宙大航海に挑む技術者を追う。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン