/

この記事は会員限定です

無謀な決断でプロ小説家へ 樋口一葉の日記をたどる

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

「たけくらべ」や「大つごもり」など明治時代の庶民の悲哀を描いた短編小説の名手、樋口一葉は結核に感染。124年前の11月23日、24年と7カ月という短命でこの世を去る。残された日記を読み、ゆかりの地を探訪すると、2つの謎が浮かび上がる。20歳で小説家を目指した「無謀な決断」と、話題作を次々書き上げた「14カ月の奇跡」の「なぜ?」だ。

負けん気と貧しさが生んだ志

明治24年(1891年)4月15日、樋口奈津(後に一葉のペンネーム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4222文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン