/

トランプ氏、政権移行業務を容認 敗北は認めず

(更新)
バイデン氏(写真左)とトランプ氏=いずれもロイター

【ワシントン=中村亮】米政府機関の政府一般調達局は23日、民主党のバイデン前副大統領への政権移行業務を容認した。トランプ大統領も同意した。エミリー・マーフィー政府一般調達局長が23日、バイデン氏に書簡で通知した。

トランプ大統領はツイッターで「国の最善のために(政権移行の)初期段階の手続きに関してエミリーや彼女のチームに必要なことをするよう勧めている。私のチームにも同じことを伝えた」と書きこんだ。

米メディアによると、ホワイトハウスはこれまで各省トップに政権移行に協力しないよう指示していた。

マーフィー氏は書簡で「法廷闘争や(各州の)選挙結果の認定といった最近の出来事を踏まえ、要請に応じて連邦法が定める物資やサービスへのアクセスを認めることを決めた」と伝えた。同局は「大統領選の勝者を選んだり認定したりしない」とも説明、容認はバイデン氏の勝利を意味しないと指摘した。

政府一般調達局は政権移行に向けた引き継ぎ作業を認めるかを決める権限を持っている。バイデン氏の当選確実が報じられて以降も、引き継ぎ開始を認めず批判を受けていた。23日の通知を受け、バイデン氏は機密情報へのアクセスが可能になり、政府の資金も提供される。

移行作業の容認は大統領選でのバイデン氏の勝利が公式に認定された場合に備え、トランプ政権がバイデン氏の政権移行チームと協力することを認めるものだ。バイデン氏の選挙陣営は23日の声明で、新型コロナウイルスや安全保障について「数日中に政府当局者と面会を始めて協議する」と説明した。

国防総省は23日の声明で、バイデン氏側と同日夜に連絡をとったと明らかにしたうえで「支援提供の計画の実行を直ちに始める」と表明した。トランプ政権は米軍のアフガニスタンやイラクでの駐留規模の削減を決めたり、中国の軍拡への対応を強化したりしており、具体的な状況について情報を共有するとみられる。

一方、トランプ氏は23日、ツイッターに「我々は勝利すると確信している」とも書きこんで、大統領選での敗北を認めなかった。中西部ミシガン州は同日、バイデン氏の勝利を公式に認定した。トランプ氏の選挙陣営は「国全体で選挙不正の撲滅を続ける」として法廷闘争などを続け、逆転をあきらめない考えを強調した。

激戦州では今週から勝敗の認定が本格化している。24日には西部ネバダ州最高裁判所が州の結果を認定し、同アリゾナ州も30日に認定期限を迎える。東部ペンシルベニア州では23日に全ての郡が結果を認定し州政府に通知することになっていたが、米メディアによると一部の郡で集計が遅れている。州の勝者認定が先送りになるとみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン