/

この記事は会員限定です

衛星を届ける「ツアーバス」 IHI、安く正確に宇宙へ

宇宙大航海に挑む(4)

(更新) [有料会員限定]

小型ロケットが宇宙ビジネスの主役に躍り出ようとしている。安く早く正確に打ち上げ、衛星の相乗りで運賃を安く抑えることもできる。日本の宇宙産業を支えてきたIHIのロケット製造子会社、IHIエアロスペース(東京・江東)には宇宙への「ツアーバス」を支える女性技術者がいる。

衛星相乗りで運賃安く

2019年1月18日、小型ロケット「イプシロン」4号機が鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた。現地の管制室で歓声があがるなか、約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2398文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

宇宙大航海に挑む

宇宙が日本の技術によって身近な存在になりつつある。小惑星探査機「はやぶさ2」がまもなく地球に戻ってくるほか、安価で高品質のロケットの開発も進む。宇宙大航海に挑む技術者を追う。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン