/

既存予約も割引適用外、キャンセル無料 GoTo停止地域

(更新)
大阪府は近く大阪市の「Go To トラベル」一時停止を国に要請する(21日、大阪・道頓堀)

政府は観光需要喚起策「Go To トラベル」の一時停止措置を巡り、感染拡大地域への既存予約も割引対象から外す調整に入った。キャンセルで生じた費用は国が全額負担する。新規予約の一時停止とあわせ、早期に新型コロナウイルスの感染を抑え込む。

大阪府と北海道は近くそれぞれ大阪市と札幌市の一時停止を国に要請する。政府は申し出を受け入れ、月内にも両市を外す。

トラベル事業が一時停止となった場合、旅行の割引が利かず通常料金となる。利用者に解約を促し、感染拡大地域への人出を抑える。利用者のキャンセル代を無料とし、国が事業者にキャンセル料を補償する。

一時停止の期間は3週間程度とする案があり、地域の特性などをみて詳細を決める。感染が縮小傾向に戻れば再び適用を認める。

一時停止する地域の基準は感染状況の判断に使う4段階の指標で2番目に深刻な「ステージ3」とする。都道府県単位にこだわらず、政令指定都市といった個別の都市に限定して柔軟に運用できるようにする。

感染拡大地域の住民による他地域への旅行は妨げない。同事業による割引を引き続き認め、経済の大幅な落ち込みを防ぐ。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン