/

タイ、新型コロナの非常事態宣言を8度目延長

頻発する反体制デモは人が密集する(21日、バンコク)=ロイター

【バンコク=村松洋兵】タイ政府は23日、新型コロナウイルス対策で出している非常事態宣言の期限を、今月30日から2021年1月15日まで延長すると閣議決定した。3月の発令以来、延長は8度目だ。プラユット政権が反体制デモを抑える狙いで、防疫対策を利用しているとの見方がある。

タイ全土を対象とする同宣言の期限は、月末ごとに延長されてきた。年末年始に伴う移動の増加を考慮し、新たな期限は来年1月15日とした。

プラユット首相は同宣言に基づき、一元的に防疫対策を命じる権限を持つ。現在は認めている集会や県境をまたぐ移動は、防疫に必要と判断すれば禁止を命じられる。

タイ政府は10月、これとは別に反体制デモを抑制する目的で、バンコクを対象に集会を禁止する非常事態宣言を出した。デモ隊の強い反発を受け同月中に解除している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン