/

甘利氏「価値観で連帯を」 中国にらみ米豪印と協力

自民党の甘利明税制調査会長は23日、福岡市内で開かれた自民党衆院議員の政治資金パーティーで講演し、国際社会で影響力を強める中国をにらみ、経済安全保障の分野で米国やインド、オーストラリアなどとの協力を深める必要があるとの考えを示した。

「同じ価値観を持つ国々と連帯する。日本はつなぎ留める役割を果たさなければならない」と述べた。

経済成長を続ける中国に触れ「米中の差はもっと縮まる。世界の仕組みを巡るせめぎ合いになる」と指摘。米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領に対しては「自由や民主主義、同盟国との意思疎通をしっかりやってくれると思う」と期待感を示した。

これに先立ち、麻生太郎副総理兼財務相もあいさつし「日本は菅内閣になり、米国も大統領が代わる。日本の方向性を間違えないように、きちんとした政治をしなければならない」と強調した。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン