/

英アストラゼネカのコロナワクチン、70%の効果確認

(更新)
アストラゼネカのワクチンは通常の冷蔵庫で長期保管できるのが特徴=ロイター

【ロンドン=佐竹実】英製薬大手のアストラゼネカは23日、英オックスフォード大学と開発する新型コロナウイルスのワクチンについて、臨床試験(治験)の最終段階で平均70%の効果が確認されたと発表した。入院や重症化も確認されなかった。同社は英国など各地の当局に申請し、早期の実用化を目指す。

米ファイザーや米モデルナが開発するワクチンも、治験の最終段階で相次いで高い効果が確認されているが、長期保管のためにセ氏マイナス80~マイナス20度の温度管理が必要だ。アストラゼネカのワクチンは通常の冷蔵庫で対応できるため、途上国も含めたワクチンの供給に期待がかかる。

23日に発表したのは、英国とブラジルでの治験結果だ。半分の量を投与してから1カ月後に1回分を追加したグループ(約2700人)は90%の効果を確認したという。2回分を投与したグループ(約8900人)は62%で、平均では70%の効果があるとしている。

アストラゼネカのパスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)は「我々のワクチンのシンプルな供給網や非営利での取り組みは、手ごろな価格でグローバルに入手できることを意味している」と強調し、21年に30億回分を生産する体制を整える。日本政府は1億2千万回分を調達する契約を結んでいる。

英スカイニュースによると、アストラゼネカのワクチンは1回分あたり3ポンド(約400円)以下を想定。ファイザー(15ポンド)やモデルナ(28ポンド)よりも低価格となる。

アストラゼネカのワクチンは「ウイルスベクターワクチン」と呼ばれるタイプで、新型コロナの遺伝子情報を持った別のウイルスを投与する。素早く設計・製造できるのが強みで、世界でも実用化が最も早い部類とされてきた。だが、9月に副反応の疑いが出て、安全を確かめるために治験を一時中断し、10月までに再開していた。

ジョンソン英首相は23日、ツイッターで「治験で効果が示されたことはとても素晴らしいニュースだ」と投稿した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン