/

福岡で中村哲医師の追悼会 アフガンで殺害から1年

アフガニスタンで昨年12月、福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師、中村哲さん(当時73)が殺害されてから1年となるのを前に、福岡市で23日、同会主催の追悼会が開かれ、支援者ら約450人が参列した。貧困層の医療支援やアフガン復興に生涯をささげた中村さんをしのび、その志を継いで活動を続けていこうと誓い合った。

「ペシャワール会」が福岡市の九州大で開いた中村哲さんの追悼会(23日午後)=共同

会場は中村さんの母校の九州大でペシャワール会の関係者や遺族、親交のあった人たちが参列した。冒頭、黙とうをささげた後、同会の村上優会長(71)があいさつし「いつまでも、中村先生の魂と言葉を灯台として前に進む」と力強く訴えた。

遺族代表として登壇した長女の秋子さん(40)は、事件後にペシャワール会の活動に携わるようになったと報告。「(会は)父を感じることができる貴重な場所」と語った。長男の健さん(37)は「父の遺志と共に歩む活動が、いつの日かアフガンの当たり前の平和につながるように」と願った。

歌手のさだまさしさんがゲスト出演し「心に碑を刻むような思いで書き上げた」という中村さんの追悼歌「ひと粒の麦~Moment~」を熱唱した。中村さんとは面識がなかったが「自分にできることをやり続けることの大切さを教わった。中村先生の志を忘れずに、僕なりに頑張っていきたい」と結んだ。

中村さんは長年、アフガンやパキスタンの国境付近で貧困層への医療支援に取り組み、2000年にアフガンが干ばつに見舞われてからは用水路を建設し、農地の復興や拡大を推進。昨年12月4日、アフガン東部ナンガルハル州で作業現場に車で向かう途中、武装集団に襲撃された。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン