/

横審、2横綱に初の「注意」決議

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会は23日、東京・両国国技館で定例会合を開き、膝や腰のけがでともに3場所連続で休場している白鵬、鶴竜の両横綱に「注意」を決議した。横審の内規では成績不振や休場の多い横綱に対して「激励」「注意」「引退勧告」ができ、注意は2番目に重い。2018年に稀勢の里に激励を出した例があるが、注意は初めて。

18年九州場所以降の計12場所で両横綱はともに8度休場し、そのうち全休は白鵬が4度、鶴竜が3度。その間に白鵬は3度優勝するなど結果も示しているが、全体の3分の2を休んでいることに対して矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「休みがあまりにも多い。深く強い責任を持って今後に対処してほしい」と語った。

稀勢の里は激励直後の19年初場所途中で引退している。両横綱の来年初場所の出場について、矢野委員長は「我々が強制するわけではないが、横綱が出場しない場所をあまり長く続けてはいけない」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン