/

この記事は会員限定です

代替肉や昆虫食など普及へ 農水省がフードテック推進

[有料会員限定]

農林水産省が、代替肉や昆虫食など次世代食料の確保に向け検討を進めている。民間企業と規格のあり方や消費者への普及策などを巡り意見を交換、年明けにも必要な対策を盛った報告をまとめる。代替肉などを生み出すフードテックは世界的に有望とされるが、日本での投資は遅れている。官民で課題を洗い出し、将来的に供給力を高める。

農水省は今秋、4月に立ち上げた「フードテック研究会」を引き継ぎ、企業や大学の関係者ら約47...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン