/

陥没現場付近で新たな空洞 東京・調布

東日本高速道路は22日、東京都調布市の東京外郭環状道路(外環道)トンネル工事現場付近で起きた道路陥没現場の近くで、新たに地中の空洞を確認したと発表した。工事との因果関係は不明。地上には住宅があるが、直ちに陥没の恐れはないとして、避難要請はしていない。

今回の空洞は21日、地表から約4メートルの地点で見つかり、幅約3メートル、長さ約27メートル。空洞内の状況を確認後、速やかに土砂などで埋める。

道路陥没は10月に発生。工事現場付近の地中では、陥没事故を受けた地盤調査で11月初旬にも今回とは別の空洞が確認され、東日本高速が埋める作業を進めている。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン