/

照ノ富士、決定戦まで持ち込むも一歩届かず

優勝決定戦に敗れた照ノ富士は「今の自分ができることは精いっぱいやったかな」と穏やかな表情で語った。本割は貴景勝に当たり負けせず、まわしを取って浴びせ倒したが、決定戦は相手の圧力に屈し完敗。「悪い癖が出ちゃった。上体が高くなったかな」と反省の弁も述べた。

17場所ぶりに三役に戻って13勝。「毎場所できることを全部やって臨んでいる。ちょっとずつは良くなっている」と手応えをつかんでいる。目標とする大関返り咲きの起点となる白星を挙げ、「来場所に全部ぶつけていきます」と意気込んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン