/

藤沢が男女混合戦で優勝 女性初、囲碁の若手棋戦

(更新)

囲碁の第15回広島アルミ杯・若鯉戦は22日、広島市で本戦トーナメントの決勝が打たれ、藤沢里菜女流名人(22)が孫喆七段(24)を破り、初優勝した。日本棋院によると、男女混合で争う公式戦で、女性が優勝するのは初めて。

若鯉戦は、2020年4月1日時点で30歳以下かつ七段以下の棋士が出場する。06年の第1回若鯉戦は女性の謝依旻六段(31)が制したが、当時は非公式戦だった。年齢制限などがなく、全棋士に参加資格がある公式戦では19年、上野愛咲美女流本因坊(19)が第28期竜星戦で準優勝した。

332手で白番半目勝ちした藤沢女流名人は「(女性初の優勝は)信じられない気持ちです。本当に光栄に思います」と話した。

藤沢女流名人は埼玉県出身。10年、当時の最年少記録となる11歳6カ月でプロ入りした。師匠は、祖父の故藤沢秀行名誉棋聖。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン