/

ソフトバンクが先勝 日本シリーズ開幕

SMBC日本シリーズ2020は21日、京セラドーム大阪で第1戦が行われ、4年連続の日本一を目指すソフトバンクが、8年ぶり制覇を狙う巨人を5-1で下した。

二回ソフトバンク無死一塁、先制の2点本塁打を放つ栗原(21日、京セラドーム大阪)

ソフトバンクは二回に栗原の右越え2ランで先制。栗原は六回にも左中間を破る2点二塁打を放ち、一人で4打点をたたき出した。先発の千賀は7回無失点の好投。モイネロ、森とつないで逃げ切った。

巨人は三、四回と走者を三塁まで進めたが得点を奪えなかった。エース菅野は6回4失点で敗戦投手となった。

今年の日本シリーズは新型コロナウイルスの影響で例年より1カ月遅れの開催となった。政府のイベント開催制限により、観客は収容人数の50%が上限。第1戦の観衆は1万6489人だった。

全試合ナイターで4勝先勝で争う。都市対抗大会で東京ドームが使用できないため、巨人のホームゲームは京セラドーム大阪で開催。第3~5戦はソフトバンクの本拠地ペイペイドームに舞台を移す。全試合で指名打者(DH)制を採用する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン