大阪維新、世代交代加速 都構想の「次」課題に

関西
大阪
社会・くらし
2020/11/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪維新の会で世代交代の動きが加速する。21日の全体会議で松井一郎代表(56、大阪市長)が辞任し、吉村洋文代表代行(45、大阪府知事)が後任に選ばれた。吉村氏は住民投票で2度否決された「大阪都構想」の代案として、大阪府・市の広域行政の一元化や区の権限を強化する「総合区制度」の導入を目指す。新型コロナウイルスの感染が再拡大するなか多難の船出となる。

「大阪の成長を前に進めるために一致団結したい」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]