/

この記事は会員限定です

日本電産・関社長「EV用モーター引き合い急増」

[有料会員限定]

日本電産の関潤社長は日本経済新聞社の取材に応じ、中国や欧州でのガソリン車規制強化が追い風となり、主力の電気自動車(EV)用駆動モーターで「一挙に引き合いが増えた」と述べた。世界の自動車メーカーがEVに急速にシフトしているとの認識を示し、シェア拡大に向け攻勢を強める姿勢を明確にした。

関社長は1月に日産自動車の副最高執行責任者(COO)から日本電産に転じ、4月に社長に就任した。永守重信会長との二頭体制で収益力が落ち込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン