/

この記事は会員限定です

キリン豪飲料、現地企業に売却へ 豪中摩擦で一時暗礁

[有料会員限定]

キリンホールディングス(HD)はオーストラリアの乳飲料事業の子会社を、豪乳業大手のベガ・チーズに売却する方針を固めた。売却額は400億円超とみられる。当初は中国企業に売却する計画だったが、豪と中国との関係悪化が飛び火して8月に中止。新たな売却先を探していた。課題だった海外の低収益事業の整理が完了する。

近く発表する見通し。今回売却するライオン飲料は牛乳やヨーグルトなど乳製品の製造、販売を手掛けている。2019年12月期の売上高は前の期比11%減の1282億円、事業利益は69%減の16億円だった。

07年にキリンHD...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り536文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン