/

この記事は会員限定です

デジタル経済はGDPの7% 内閣府推計、15年時点

[有料会員限定]

内閣府はデジタル関連産業が国内総生産(GDP)に占める比率が2015年に7.0%だったとの推計をまとめた。経済協力開発機構(OECD)の指針に沿った初めての試算で、国際比較しやすくなるという。経済のデジタル化を進めるための分析材料にする。

OECD統計局は18年にデジタル経済の定義や推計方法を提案し、加盟国に活用を求めていた。各国独自の推計で、15年の名目GDP比は米国で8.7%、カナダで5.5%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン