先進国の出生数、減少予測 日本は初の85万人割れも
コロナ禍で先行き不透明に

経済
2020/11/21 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス禍で先進国の出生数が減る懸念が強まっている。若年層には雇用不安などから結婚・出産を先送りにする動きがある。英調査会社ユーロモニターは先進国全体の出生数が20年に0.3%、21年に1.3%減るとの予測をまとめた。コロナ前は前年並みとみていた。長期的に人口や労働力の低下につながれば世界の成長の足かせになる恐れもある。

米国では1~6月の結婚式の6割が先送りになったとの調査がある。米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]