/

この記事は会員限定です

[社説]復調日本車に立ちはだかる2つの課題

[有料会員限定]

コロナ禍による自動車会社の業績悪化が2020年4~6月期で底を打ち、7~9月期から回復局面に入ったことが各社の決算発表で明らかになった。取引の裾野の広い自動車の復調は日本経済にとって心強いニュースだ。

ただコロナは自動車市場の構造変化を加速する側面もある。日本車メーカーにとって「CASE」と呼ばれる一連の新技術への対応が以前にも増して急務である。

業績底打ちをはっきり示したのがトヨタ自動車だ。生産途絶に見舞わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン