/

この記事は会員限定です

ビジネスでもVR 車の整備や決算説明会、活用広がる

[有料会員限定]

企業の間で仮想現実(VR)や複合現実(MR)といった「XR」技術をビジネスの場で活用する動きが広がり始めた。自動車整備の補助や決算説明会など用途は様々。新型コロナウイルスの感染拡大で人との接触が制限されるなか、新しいコミュニケーション手段として定着する可能性がある。

車の部品が一目瞭然

11月中旬、富山市にあるネッツトヨタ富山の店舗。整備士の川口裕功さんはスポーツ車「GRヤリス」のボンネットを開け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン