/

「我慢の3連休」始まる GoTo見直し、旅行者困惑

羽田空港の出発ロビーで搭乗手続きをする人たち(21日午前)=共同

新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、「我慢の3連休」が21日始まった。需要喚起策「Go To キャンペーン」を推進してきた政府は、20日の分科会の提言を受け運用見直しを検討。旅行客は困惑を隠さず、受け入れ側は対応に頭を悩ませる。

羽田空港では早朝から家族連れらがスーツケースを片手に保安検査場で列をつくった。1月に生まれたばかりの長女と妻の3人で大分県に帰省する東京都葛飾区の会社員の男性(29)は「感染拡大は心配だが、帰省は年に一度あるかないか。両親が孫に会えるのを楽しみにしており、行くことにした」と苦しい胸の内を明かした。

 北海道小樽市の観光名所「小樽運河」を歩く人=21日午前

20日に1日当たりの新規感染者発表が初めて300人を超えた北海道。小樽市中心部の市場で朝食選びをしていた福岡市の男性会社員(64)は「感染拡大は心配だが、日本中どこも状況は同じなので予定通り来た」と話した。書き入れ時の連休だが、市場で鮮魚店を営む武田哲幸さん(66)によると、客入りは例年の半分ほど。「Go To トラベル」の適用制限に向けた動きに「経営者としてはおっかない」と声を落とした。

日本医師会の中川俊男会長は18日の記者会見で、今週末を「秋の我慢の3連休としてほしい」と呼び掛けた。大手航空会社によると、3連休の予約率は7割ほど。感染拡大のため伸びが鈍化した。関西、沖縄への予約率は比較的高いが、北海道は低いという。〔共同〕

新型肺炎

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン