/

国連事務総長、途上国の債務返済猶予呼びかけ G20前に

【ニューヨーク=白岩ひおな】グテレス国連事務総長は20日、20カ国・地域(G20)首脳会議を前に記者会見し、新型コロナウイルス禍で財政破綻に直面する途上国への債務支払い猶予措置を延長するよう呼びかけた。ワクチンを「世界の公共財」として広く行き渡らせる必要性も訴えた。

グテレス国連事務総長は20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を前にコロナ禍における各国の「連帯と協力」を訴えた=ロイター

グテレス氏は「破綻のドミノは世界経済を荒廃させる可能性がある。コロナ危機が債務危機につながってはならない」と指摘。支援が必要な全ての途上国と中所得国を対象に、債務支払い猶予イニシアチブ(DSSI)を2021年末まで延長するよう各国に要請すると述べた。

各国で実用化に向けた開発が進む新型コロナワクチンは「希望の光であり、全ての人に届く必要がある」と強調。誰もが手ごろな価格で手に入れられるよう、各国はワクチンを公平に分配すべきだと語った。

ワクチン開発に各国が共同出資・購入する枠組み「COVAX(コバックス)」にも言及。参加していない米国やロシアを念頭に「G20メンバー全員に参加を促す」と述べた。

G20首脳は21~22日までオンラインで会議を開き、途上国のさらなる債務返済延長に向けた検討など、新型コロナの制御にあらゆる手段を講じる方針を盛り込んだ共同声明を採択する見通しだ。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン