/

スーパーのたばこ販売禁止 オランダ、24年から

(更新)

【ブリュッセル=共同】オランダ政府は20日、スーパーでのたばこ販売を2024年から禁じると発表した。オランダの喫煙率は22%(日本は19年時点で16.7%)で、政府は5%以下にする目標を掲げている。22年からの自動販売機禁止も決まっており、スーパーと合わせて全国のたばこ売り場の7割近くが消えることになる。欧州メディアが伝えた。

オランダではたばこ売上高の55%をスーパーでの販売が占める。人口約1700万人の国で年約3万5千人が喫煙の影響で死亡しているとされ、政府は喫煙率引き下げに躍起になっている。駅などの喫煙所撤去のほか、10月にはどの銘柄も同じ単色の包装で売ることを義務付け、派手なパッケージやロゴで目を引くことができなくなった。

政府はたばこ1箱を10ユーロ(約1230円)にすることを目指しており、今年は平均20%近く値上がりした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン