/

この記事は会員限定です

ムスリム「墓がない」 土葬敬遠、建設計画に待った

[有料会員限定]

遺体を土葬するイスラム教徒(ムスリム)の墓地が国内で不足している。火葬が一般的な日本では土葬墓地の建設に住民の理解が得にくく、「墓地ゼロ」の地域が少なくない。異なる文化や風習をどう受け止めていくか。外国人材の受け入れが進む一方、議論がなかなか深まらない。(久永純也)

大分県別府市の静かな山あい。十字架が刻まれた墓が並ぶカトリック墓地に、簡素な石版が置かれた一画がある。

所々に生い茂る草の下にはムス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1545文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン