/

この記事は会員限定です

大企業トップの報酬、6年ぶり減少 コロナ禍で返上や減額

[有料会員限定]

大企業の経営トップが受け取る報酬額が6年ぶりに減少に転じた。デロイトトーマツグループと三井住友信託銀行が実施した調査によると、売上高1兆円以上の企業の2020年の社長報酬額(中央値)は9887万円と前年を0.6%下回った。同報酬が減少に転じたのは14年以来になる。業績連動型といった変動報酬の導入が進むなど報酬制度の見直しが大企業で一巡しつつあるためだ。新型コロナウイルス禍による業績悪化で、報酬の返...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン