/

飛ばし屋・勝、パー5でバーディー量産

首位と1打差の3位の勝は「とりあえず飛ばして楽にゴルフをしたい」と決勝ラウンドの抱負を述べた。この日も同組で回った鈴木、イ・ボミの現・元賞金女王をティーショットで再三、20~30ヤード置き去りにした。

第2日、通算6アンダーで3位の勝みなみ=共同

「ドライバーが飛ぶおかげで2打目はほとんどショートアイアンで、ラフからでもスピンがかけられるのは強み」。今年から1つ減って3ホールになったパー5の9、11、17番でバーディーを重ね、朝は濃霧による視界不良の中断、午後は風が吹き、気温の低下と次々に天のいたずらに見舞われながら、確率の高い攻めで着実にスコアを伸ばした。

3週前の三菱電機女子で2学年下のルーキー、西村に逆転を許し、優勝をさらわれた。「下の子たち、今は調子がいい。見て盗んでいけたら」。とはいえ試合に負けて悔しくないはずもなく、「今年中に勝ちたい」と心中期するものはある。2年前、プロ初優勝を挙げた「すごくいいイメージのゴルフ場」。余裕さえうかがえる笑みがこぼれる。

(串田孝義)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン