/

将棋の藤井二冠、最年少200勝 勝率は唯一8割超

第70期王将戦挑戦者決定リーグ最終戦で木村一基九段(左)に勝利し、対局を振り返る藤井聡太二冠。最年少で公式戦通算200勝目を挙げた=20日午後、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)

将棋の藤井聡太二冠(18)は20日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第70期王将戦挑戦者決定リーグ最終戦で木村一基九段(47)を破り、最年少の18歳4カ月、勝率8割3分3厘で公式戦通算200勝目(40敗)を挙げた。

活躍を続ける高校生プロが歴代のトップ棋士を抜き、唯一の8割超えとなった。

新たな記録を作った藤井二冠は「これからも実力を高めて、それを積み上げられるように頑張りたい」と話した。

日本将棋連盟によると、中学生の時にプロ入りした棋士、永世称号獲得者の中で、これまでの最年少、最高勝率は羽生善治九段(50)の19歳1カ月、7割9分1厘(200勝53敗1持将棋)。プロ入りから最速は羽生九段の3年11カ月で、藤井二冠は2番目の速さの4年1カ月で到達した。

藤井二冠は愛知県瀬戸市出身。16年10月、最年少の14歳2カ月でプロ入り。17年6月にはデビューから無敗で最多の29連勝を樹立した。今年7月、棋聖戦5番勝負に勝ち、最も若い17歳11カ月で奪取。8月には王位を獲得し、最年少の18歳1カ月で二冠に輝いた。

対局の結果、王将戦リーグで藤井二冠は通算3勝3敗に終わり、挑戦権獲得はならなかった。また、来期の同リーグ陥落も決まった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン