/

日清食品HD、湖池屋を連結子会社化 22億円分を取得

日清食品ホールディングス(HD)は20日、持ち分法適用会社でスナック菓子大手の湖池屋を子会社化すると発表した。湖池屋の株式を10.6%追加取得し、出資比率を34.5%から45.1%に引き上げる。取得額は22億円。新型コロナウイルス下の巣ごもり消費でスナック菓子の販売は伸びており、菓子事業での両社の相乗効果を高める。

湖池屋の創業家の小池孝会長らから、27日に株式を取得する予定。日清食品HDは2011年5月に湖池屋と資本業務提携を結び、湖池屋の株式の5%を取得。12年8月には出資比率を20%に引き上げ、湖池屋を持ち分法適用会社にした。香港で合弁会社を立ち上げるなど、海外事業でも協業している。

湖池屋は高級ポテトチップス「湖池屋プライドポテト」などが好調で、21年6月期の連結売上高は前期比2%増の385億円と過去最高を見込む。子会社化に伴う業績への影響は精査中という。日清食品HDは子会社の日清シスコなどとの商品開発や営業・物流分野での協業を強化していく方針だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン