/

この記事は会員限定です

三菱製紙、マスク向け不織布参入 年2億枚分生産

[有料会員限定]

三菱製紙はマスク向けの不織布生産に参入する。高砂工場(兵庫県高砂市)に5億円を投じて加工設備を設け、2021年6月に生産を始める。国内で年2億枚分のマスクに相当する不織布をマスクメーカーに供給する。新型コロナウイルスの感染が長期化し、高水準のマスク需要が続くと判断した。

空気清浄機に使う抗ウイルス効果のあるフィルター生産のノウハウをいかし、マスク向けを開発した。開発した不織布を使った高機能マスクも生産する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン