/

首相に空手9段授与 全日本空手道連盟

(更新)
空手9段を授与された首相(右から2番目)=全日本空手道連盟のホームページから

菅義偉首相は20日、全日本空手道連盟から9段の段位を授与された。首相官邸で同連盟の笹川尭会長と面会し「9段」と書かれた黒帯を締めて記念撮影した。試験制度で取得できるのは8段までで、9段は最高位の10段に次ぐ名誉段位にあたる。

首相は法政大在学中に空手部に所属した有段者だ。2014年に設立した空手道推進議員連盟の会長として、来年夏の東京五輪での正式競技への採用に貢献した。

笹川氏は会談後、記者団に「9段は大変なものだ。首相は喜んでいた」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン