/

この記事は会員限定です

中国木材、国産杉でDIYに新風 初心者も扱いやすく

[有料会員限定]

製材大手の中国木材(広島県呉市)が国産杉を使って製造した床材が、DIY市場で急速に存在感を高めている。DIY向け板材は幅89ミリ×厚さ38ミリのツーバイフォー型が標準で輸入材の独壇場だったが、同社は初心者でもサイズ把握が容易な同20センチ×3センチのむく材を投入した。ホームセンターの売れ筋に育っていて、3年後に2倍の10億円の売り上げを見込んでいる。

杉板の商品名は「カフェ板」。輸入材に押され伐採...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1473文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン