/

この記事は会員限定です

ワーケーション定着、地域交流カギに 和歌山は仲介役

ワーケーション熱視線(下)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけにワーケーション熱が高まるなか、住民交流や地域貢献を通じて滞在場所との結びつきを強めてもらう動きも出てきた。地域と利用者をつなぐ専門の仲介役を置く例もある。「関係人口」を増やし、地域活性化につなげる。

滋賀県は12月から来年3月まで、150人を無料招待するモニターツアーを実施する。各回20人で1~2泊のプランを7~8回。琵琶湖岸の清掃やヨシ刈り、近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン