/

ピーチ、中部空港から那覇・石垣へ就航 21年1月に

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は20日、2021年1月から中部国際空港―那覇、石垣に新規就航すると発表した。新型コロナウイルス禍で消失した国際線の需要を国内線で補う狙い。ピーチは10月に中部空港への参入を表明したばかり。12月から就航する札幌、仙台便も含め、早くも中部発着便は4路線まで拡大する。

ピーチは新設したチェックインカウンターの前で沖縄便の就航を発表(中部空港)

同日会見した森健明最高経営責任者(CEO)は「札幌、仙台便の予約が好調で、新しい路線を開設してもやっていけると判断した」と話した。これでピーチにとっても中部空港は関西、成田に次ぐ規模の拠点となる。

航空業界は唯一中部空港を本拠地としていたエアアジア・ジャパンが経営破綻したばかり。経営環境はピーチも含め逆風だが、森CEOは国際線に割いていた経営資源を国内線に振り向け、「客数と(就航先の)面積を増やしたい」と話す。

森CEOはさらなる路線拡大についても「顧客ニーズを聞いて柔軟に取り組む」と話した。将来的な国際線の就航についても意欲をにじませた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン