/

この記事は会員限定です

日経平均、3月末「2万6500円」最多 日本株展望

市場のプロ11人の予想

[有料会員限定]
 大規模な金融緩和を支えに、日経平均株価は17日に29年ぶりに2万6000円台まで上昇、米国もダウ工業株30種平均が初の3万ドルに迫る。新型コロナウイルスの感染拡大が続くなかで、年度末までの日本株の展望を論じてもらった。

10月末から約2週間で日経平均株価が3000円上昇し、17日には29年ぶりに2万6000円台を回復するなど急速な上昇を続ける日本株。一本調子の展開に過熱感を警戒する声もある一方、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1846文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン